雑誌対談   ※青字が清水さんです

>御社の業種としては、どのようなものになりますか?


子犬の販売と育成支援のサービス業務です。主にホームページメインでやっています。
特徴としては、ブリーダさんと直接契約を結び、販売の代行窓口業務を行っています。

犬は基本的に多産種ですが、提携しているペットショップなどは、一部しか引き取りません。
その結果、新聞などで安く売られたり、ひどい時は保健所にいったりというのが現状です。
そういった、血統は同じであるにも関らず、不幸な目に合う子を減らすといった目的もあります。

>そういったワンちゃんって、本当にかわいそうですもんね。ブリーダさんにとっても子犬の世話に集中できていいというメリットもありますね。

ええ、せっかく手間ヒマかけて丁寧に育てたワンちゃんがほとんど利益にならずに販売されると、
結局悪循環になっちゃうんですよね。 だから、育て側への還元も含めて金額をつけております。

買い手にとっても大体市価の半額という安価で、血統書つきのいい犬が手に入ります。
ブリーダさんの数も増えてきていて、劣悪な環境で生まれている子犬もあります。

ネットで購入する場合、先天的な病気や遺伝的欠陥が成長した後で出てきて、大変な思いをされているオーナーさんもいると聞きます。

弊社に関しては実際、ブリーダさんのところに足を運んで、ここなら間違いないという所と契約しておりますので安心です。


>うちも、実際ワンちゃんを飼っているんですよ。多頭飼いですがね。全部で9匹。
チワワが5匹に、ゴールデンレトリバー、ダルメシアンが1匹づつ。 雑種があと、2匹。
ウチに帰るととてもにぎやかですよ(笑)

それは…にぎやかすぎて大変でしょうね(苦笑)大きいのから、小さいのまで!


>こういったお仕事の先々で頂いたのから、家内が拾ってきたのまででこうなってしまって…(笑)今は拾ってきた雑種のやつが家内と一緒に寝ています。

顔はかわいくないんだけど、性格はとても優しくて、犬も拾われたことをわかっているんですよね、いつも感謝をしてくれていて、家内を大事に守っているんですよ

そういうこともあるんですねぇ。確かに感情豊かな生き物ですからね。
じっと顔を見てるとだんだんわかってきますもんね。こいつは機嫌がいいのか悪いのかって。

>よくしってるショップのオーナーが話すには、外出が多い私が主人ではないほうがいいってんで、今は家内が主人役をやってるんですよ。犬も家内の命令を一番に聞きますね。

私の場合、何十万というものを買うよりも、犬っていう生き物と共に生活して得られたものが
多かったんで、感謝していますよ。 (深く頷きながら)本当に家の中がかわりましたよ。

一度、犬との生活を体験するとなかなか離れられないもんですよね(笑)




>たとえば 、子供の教育問題でもね、昔つっぱっている高校生の息子なんていたもんですが、犬と触れ合う中で自然に治ってゆきましたよ。

親には反抗的でしたが、 こっそり子犬をかわいがっていたり、散歩の時間にはしっかり帰っていたり、それを通じて(反抗していた)家内とも仲良くなっていたり、良い事だらけでした。

今、責任を持てずに興味本位で飼い始めてあとで手に負えなくなるケースが増えていますが、
私としては産業の裾野が広がることは歓迎したいんですが、 しっかり愛情を持って育てて貰いたいものですよね。

>私も以前みましたよ、六本木でね、24時間営業の専門店があるんですが、そこを覗いてみると夜の女の子が遅い時間に彼氏連れてきてみてるんですよ。

それで「カワイイわー!私も飼いたいわー!」とか言ってダッコするんだけど買わない…
「ワンワン」て泣くんですが、明らかに嫌がってる顔なんですよ。 その犬の顔とかみると悲しいとかストレスって事がわかるんです。だから「かわいそうに、この子」って思うんです。

そうですねー、人目に触れるだけで、嬉しくて子犬は無邪気に振舞っていますが、実は朝方グッタリしていますもんね。本当に可哀想ですよ。

>この場合、飼う方の女性が悪いんじゃないんです、やっぱり家に帰るとさみしいって気持ちもわかるんですよね。だから、なにかお互いケアをしてあげることができれば一番良い訳です

ええ、そんな気持ちもあってウチでは販売のみっていうわけじゃあなくて、
普段の散歩、お泊り、通院、一時預かり等のそんなストレスになりがちな日常生活のサポートも
行って行きたいと思っています。




特に一人暮らしの女性とか、時間の不規則になりがちな方に便利なサービスですね。
それと、「買ったはいいが、どうしたらいいでしょうか?」みたいな人は利用すると良いと思います。

そうですね。自分も正直難しい部分だと思います。生みの親より育ての親ともいいますが、
何も知らないのにいきなり親にはなれないから、お客さんが直接、ブリーダさんに問い合わせをして頂く事もできるようにしているんですよ。

知識にばらつきがあるショップの店員も、良い人はいいのですが、その点ブリーダさんは扱っている犬種に関しては親の代から知っているその道のプロですから、一番安心なサポーターなのです。


>あと、僕らみたいに犬好きな人間がよく思うのは、たとえば毛並みの良い(高価な)犬はいらないから、性格の良い犬を選ぼうか、という時があるじゃない? あるいは、少し大きくなっても安いのがいいとか、でもね、素人が選ぶときに(選ぶのが)難しい部分があるんですよね。

例えば、「お金はこれくらいかかりますよ」、「これだけの手間がかかりますよ」っいう不安ですよね。

いくら詳しくっても特に気になるのが「犬の病気」に関してですね。
医療費というものは人間と違って保険が利きませんし、犬の顔色をみると 「治るんだろうか」「一体、治療にいくらかかるんだろうか」っていう漠然とした不安が、いきなり襲ってくるわけです。

特に犬の場合、自由診療なんで、かかったお医者さんによって同じ治療でも金額が4〜5倍違ったっていう事実を後から聞くのもよくある話のです。こわいですね。

ああ、、、ウチの場合、以前65万円かかったことがあります(苦笑)

エエッ!?何をやったらそんなに…

ウチで飼っているチワワって、両腕で抱きかかえていても、嬉しくって床に飛び降りる癖があるんですよね。下はジュウタンなんだけれども、 ピョンって降りたらどうにも歩き方がおかしい…。

「大丈夫だよな?」って痛めているほうの脚を掴んでみたらば、目に涙をためて、吠えもせずガマンしているんですよ。

後で、医者に言われたことには「そうやって触った時に折れた骨がずれたんですね。」って、
次の日やっぱり腫れちゃって、病院にいったらば、レントゲンを撮ってみると折れてて…

このままずれた状態で繋がるけど、ウチの場合、みんなが可愛がりにくるから一匹だけ脚を引きづっちやうと可哀相ってんで、矯正手術をすることにしてね、
骨が爪楊枝みたいに細いもんで顕微鏡でやるので高くつきますよって。

さらに、不思議なことに仲間にケガしているのがいると、ほかの犬までみんな食欲が無くなっちゃって体調を崩して、毎日コイツは点滴、コイツは入院、コイツは集中治療室…etc とかやっていると、トータル65万円。。。

医者もチョット高いんですけど、なんて言ってたんですけど、「仕方ないじゃない(汗)」って全部払いましたよ。


そりゃあ、わかりますが、本当に高いですいねえ

その他にも、あと注射の時期になると、9匹いっぺんにやるから大体16〜17万でしょ、
家内は何も言わないけどやっぱり負担は大きいよね。 それから、エサ代が、ゴールデン(レトリバー)がいるから(笑)量も多いし、人間よりいいもの食べさせてるからねえ。

本当に費用はかかるけど、今まで得られたモノや、その分ね、(家庭が)明るく変わった事を考えると(やっぱり)良かったって思うよね。


毎月の負担も数が多いと大変ですねー。さらに今回突然の負担の怖さが良くわかりました…
今まで聞いた中で一番高いですよ。正直びっくりしました。

この前、保険商品の勉強に東京にいったんですが、一番印象に残っているのが、「保険の普及によって安楽死の数が大きく減った」という話を聞いた事です。

やはり、みなさん、ご自身の生活というものがありますから、すぐに病院に連れてゆけば治る病気が、いくらかかるかわからない不安で後回しになり悪化して、手術が必要になる。

もちろん、保険なんて利かないから大金が必要となり、家の立て替えや、車のローンを重なるととても払えない。だから結果安楽死になるケースは現実にあるのです。

そういった、子犬にとって最悪なケースをさけるため、販売した後の飼い主負担のリスクを避けるためにこういった、保険商品も扱うようになった訳です。

弊社保険商品「プリズム」では月々わずかな掛け金で、通院一日1万5千円、手術最大30万円までの給付が出るので安心です。




こういったインターネットも用いた形ですと、いろんな情報の共有や交流とかもできそうですね。

ええ、これから考えているところです。
子犬が兄弟とじゃれたり母犬とケンカしたり、お昼寝をする姿を生放送でみて癒されてください(笑)

ライブカメラについては、ブリーダさん宅に直に取り付けてありますから、
お気に入りの子犬がいれば、そのまま予約できるようなシステムになっています。

こういったモノは、昔だったら実際足を運ばないと見れなかったもので、ネットの醍醐味といっていいものでしょう。




うちは、家を選ぶときに犬にとってのストレスを考えて、広い庭付きに物件を考えたんですよ。
「外で遊んでいなさい」って気分でいれますから(笑)ちなみに取り扱いの犬種は何種類ですか?


それは、とてもいいことですね、犬種のほうは全37種類です。

それ以外にも取り寄せてくれることは可能ですか?

ええ、できるところは対応しています。 今は、まめ柴とかが、人気ですね。

丁度、ウチの家内も欲しがっているますよ(笑)あと、ティーカップ・プードル。家内は(間違えて)Tバック・プードルとか言ってますが!(一同大爆笑)

(笑)残念ながら、ウチにはTバックは置いていないですが…フレンチ・ブル。ダルメシアンなども人気がありますねえ。

特に珍しい犬では、『珍島犬(チンドケン)』という韓国産の犬がいます。
これは天然記念物に指定されていて、特定のところしか扱えないという犬です。

王監督などの著名人にも飼われています。これは勿論許可をもらって販売していますよ。




最後に一言お願いします。

ペットも人間社会における役割が変わり、多くの人が共同生活することにおって「癒し」「安らぎ」などの大切な気持ちを分け与えてくれます。

その分、私たちも返してあげる事が共に暮らす中で一番大事な事だと思います。

人間同士でもこれだけ諍いや争いが耐えない中、まして口の聞けないペットは、多くのストレスを抱える事だと思います。 爬虫類とは違い、暖かい血の通った感情の豊かな生き物なので、お互いに思いやって生活することが、「楽しいペット生活」の第一歩だと思います。
 
記念写真
   俳優 清水章吾

CM  アイフル アイホン

TV  警視庁鑑識班
   救命救急病棟
   笑いの金メダル等

映画  夜霧の訪問者
    やさぐれ刑事
    黄泉がえり等


清水章吾オフィシャルサイト
 http://blog.shimizushogo.com/








 
 ワンリンクスとは、( 子犬の販売ペット保険ペットフード)を取り扱った 犬の専門サイトです。